カテゴリ:未分類( 3 )

懸賞 懸賞

韓国のマドンナ!女優としても活躍 オムジョンファ、奇跡の48歳。 整形もスッピンもオープンに。がんを克服!

懸賞 2017年 10月 14日 懸賞

f0158064_04415951.jpg
歌手、女優のオム・ジョンファ。
1969年8月17日生まれ
身長164cm、体重48kg
血液型A。未婚。
趣味/特技: 香水集め、映画鑑賞
所属事務所: キーイースト

セクシーで、サバサバした性格の姉御肌的なところがあり、芸能人仲間からも親しまれる。ドラマでは、シリアスなものからラブコメディまで幅広い役柄をこなす、マルチな女優として高く評価されている。
f0158064_05233404.jpg


愛称は、韓国のマドンナ、歌謡界の女王。

1990年代に韓国歌謡界を風靡したディーバ。歌手として一世を風靡し、その後女優としても活躍し、また歌手活動も再開した。

ジェニファーロペスに匹敵する、2つの分野で成功した数少ない芸能人。

そのためか女性歌手たちが1位に挙げるロールモデルでもある。
f0158064_03275675.jpg


オム・ジョンファは、原州(ウォンジュ)の女子高を出た後、大学には行かず、ソウルに上京してカフェでアルバイトをしていた。

20歳の時、準政府系だった放送局MBCの合唱団のオーディションに合格し、バックコーラスとして活動した。
きれいな顔にきれいな声を持った彼女は、チェ・チンシルをトップスターの座に乗せた敏腕マネージャーのペ・ビョンス氏目に留まり、本格的に芸能人としての道を歩き始める。

1992年に映画『結婚物語』に端役で出演したのが、芸能界デビュー。
1993年、映画『風の吹く日はアックジョンへ行かなくちゃ』で主演し、そのOSTで歌手デビュー。

当時の韓国では、清純派の女性歌手が多かった中、セクシーを売りにしたオム・ジョンファは、若い男性たちには女神として映った。


特に、軍人たちは熱狂した。デビュー初年度にすでに「軍人が最も好きな歌手」の地位を獲得した。
f0158064_04420043.jpg
f0158064_03275733.jpg
1997年には、サードアルバム「裏切りのバラ」が韓国中で大ヒット!
バラのトゲを象徴する先が尖って立てたヘアスタイル、濃い化粧、黒の舞台衣装などで舞台で踊るオム・ジョンファは、セクシー、の代名詞になるまでに。

f0158064_16265222.jpg
その頃から歌手オム・ジョンファは全盛期を迎えた。すべての歌謡チャート1位を総なめにし、女性のファッションリーダーとしても確固たる地位を築いた。
その当時オム・ジョンファが身に着けた物は何でも流行った。髪型、彼女が塗るパウダーまで。
当時オム・ジョンファがCMに出演した「ルースパウダー」を持っていない20代女性はほとんどいない程だった。

f0158064_16265258.jpg
20年前に既にカラコンをしているオムジョンファ!↓
f0158064_16265263.jpg

演技の方では、2003年に日本の作家鎌田敏夫の小説『29歳のクリスマス』を脚色した映画『シングルス』が220万人の観客を集める。
2003年百想芸術大償で最優秀演技賞受賞し、万能エンターテイナーとしての地位を築く。

女優として、ロマンチックコメディの主演から連続殺人犯に至るまで幅広い役を演じる。

2017年にはドラマ『あなたはひどいです』にク・ヘソン、チョン・ギョウン、5urprise カン・テオらと出演した。
有名歌手と、名前も知れ渡っていない真逆の歌手の愛憎ストーリー。
f0158064_16194703.jpg
自身のSNSでオム・ジョンファは「本当に久しぶりにドラマを撮影中です。私が努めた役は、長い時間たくさん愛された最高のスターで歌手のユ・ジナという女性です。夢を叶えるために自ら捨てたものの多い、痛みを持つ女性。ク・ヘソンさんが務めたチョン・ヘダンは本当に歌手になりたいが、家長として人生の重さを背負っている役で、ユ・ジナに憧れを持ち、モノマネ歌手として生きていく純粋な魂の女性です」と説明した。
オム・ジョンファの過去の出演作↓


2009年 KBS 『結婚できない男』
日本で 2006年に、阿倍寛、夏川結衣主演でドラマ化し、ヒットした作品のリメイク。
オム・ジョンファ扮するのは、女医のムンジョで、もてない女性を好演している作品。



2007年 SBS 『彼女がラブハンター』
↑玉の輿を狙うオム・ジョンファが演じるヒロイン、スジョンの奮闘ぶりが見せ場のラブコメディ。


2004年 MBC 『12月の熱帯夜』

ヒロイン、オム・ジョンファの演技が冴えた悲恋ラブストーリー。結婚10年目の主婦が、苦学生ジョンウと出会い、魅かれて行き、主婦と年下の学生の美しくも悲しい愛を描いた作品は、涙なしでは見られないという話。


2014年『魔女の恋愛』

オトナ女子が、年下男子の猛アプローチに大慌て!/ときめきセクシーさにハマる人続出のラブコメ/ 冷酷無情な雑誌記者ジヨン(オム・ジョンファ)のあだ名は“魔女"。そんな彼女がアルバイト生活の25歳の男の子と同居?元婚約者と三角関係も描かれる。


映画
2015年『ミスワイフ』2014年 『官能の法則』2013年 『終わりとはじまり』2012年 『ダンシング・クイーン』2011年 『ママ』2010年 『ベストセラー』2009年 『ツナミ』2009年 『オガムド』2009年 『仁寺洞(インサドン)スキャンダル』2006年 『ミスターロビンの説きかた』

最近の受賞歴
2013年 第52回大韓賞映画祭 女優主演賞『悪魔は誰だ』 2012年 第40回百想芸術大賞 映画部門女優演技賞『ダンシング・クイーン』 2010年 第18回利川春史賞映画祭 女優主演賞『ベストセラー』 2007年 第4回韓国大衆音楽賞 最優秀ダンス賞  2006年 韓国大衆賞 ダンス部門最優秀賞、 第7回釜山映画評論家協会賞 女優演技賞



映画「ヴィーナストーク 官能の法則」は若い男性と出会うゴールドミス(独身アラフォー女性)シンへ、挑発的な主婦ミヨン、娘には知られないように恋愛を楽しむシングルマザーのヘヨン(チョ・ミンス)のストーリーを通して、40代女性の愛と性を赤裸々に描いた作品。

歌手としては、8年ぶりの2016年に正規10集を発表して歌手活動も再開した。

f0158064_17224087.jpg
コンサートや歌謡番組出演の際、激しいダンスを伴う曲では殆どが口パクであるが、これは本人も認めている。
観客も、そういった曲の場合は歌よりダンスが目的であることから、特に批判は起こっていない。

韓国では「化粧をしていないと誰だか分からない芸能人1位」に選ばれたこともある。美容整形の経験を包み隠さず公言するなど、オープンな性格。

↓入浴中?
f0158064_02245926.jpg
スッピンをさらす、ざっくばらんな性格が好感度が高い理由!
f0158064_04310494.jpg
確かに別人・・・でも肌に張りがあって たるみがないのでメイクが映える

有名な過去写真
f0158064_04310362.jpg

芸能活動が10数年に及び、活動範囲も多岐に渡ることから、年代によって彼女に対する見方が違う。「10代のファンはオム・テウンの姉さんとして、20〜30代のファンは女優として、40代のファンは歌手オムジョンファとして彼女を認識している」
f0158064_02250022.jpg
20年前から外見が全然変わらないと話題に。
f0158064_17135933.jpg
2017年の自撮り↑


オム・ジョンファは、数年前に甲状腺がんの診断を受けて手術していた!
幸いなことに、甲状腺がんは、がんとしては、保険金も小さく策定されるほど完治率が高い癌である。
晴れて、元気な姿で戻ってきた。

f0158064_02245931.jpg
しかしオペとき声帯に誤って触れてしまい、麻痺するという試練を経験した。8ヶ月間日常的な会話もできないほどだった。

その手術後復帰した映画ダンシングクイーンは400万人の観客を越える興行を記録した。オムジョンファ主演としては最高興行作。

オム・ジョンファのプライベートについてみていきましょう。

かつて、短期間ながら米国に住んでいたことから、英語が堪能である。

熱愛のうわさがあった男性は2008年に恋愛の事実を公にしたチョン・ジュンホン。6歳年下のモデル。
f0158064_04002198.jpg
チョン・ジュンホンは186cmの長身で、モデル業界では有名で、CMモデルとしても活躍している。
しかし2010年には決別の報道が出ている。
家族仲が良く、妹と弟とは時々カカオトークで会話するそう。↓お母さまが中心に映っています。
f0158064_04110886.jpg
弟はオム・テウンという俳優。『復活』『魔王』『善徳女王』などに出演している。
f0158064_04121962.jpg
オム・ジョンファの母親は屋台で働き、オム・ジョンファは大学に行かずカフェでバイトし、生活は楽ではなかったが、オム・ジョンファの成功と稼ぎで、弟を大学に入れたそう。



オム・ジョンファ、美貌の妹(右)の写真↓
f0158064_04310382.jpg
妹さんは弘大前でお店をオープンしたそう。

f0158064_03514394.jpg
オム・テウンは2013年、38歳の時、見合いをして結婚しました。

お相手はバレリーナのユン・ヘジンさん(当時32)
オム・ジョンファの紹介なので、性格は確かで、元韓国国立バレエ団主席舞踊出身のバレリーナ。父はベテラン俳優のユンイルボン、兄も俳優のユンジュンホ。
f0158064_03491328.jpg
その後、オム・テウンには娘が生まれ、名前はジウンちゃんという。オム・ジョンファの姪っ子にあたる。

オム・ジョンファ本人の話では、姪のジウンに愛情がたくさん行くという。
f0158064_02245921.jpg
バラエティ番組「スーパーマンが帰ってきた」に出演時には、オム・ジョンファのセクシークイーンの姿は影も形もなく、姪っ子と楽しそう遊んでいる。↑


姪っ子と楽しそうなショット公開
f0158064_03275630.jpg
愛犬はプードル


ジオンちゃんの現在↓
f0158064_17395775.jpg
現在ではこんなに大きくなりました。右は弟のオム・テヨン妻↑

ジオンちゃんは番組内では発達障害の検査を受けて「正常範囲だが社会性領域が少し遅れている」との診断が。
しかしその後すくすく育っているようです。
↓日本旅行の写真
f0158064_16190416.jpg
妻ユン・ヘジンと娘ジオンちゃんも大手芸能プロダクション、キーイーストに入り、芸能活動スタート。
f0158064_16190331.jpg
f0158064_16433381.jpg
↑秋山、SHIHOの娘のサランちゃんと遊ぶ姿↑


娘ジオンちゃんと一緒に故郷へ帰ったオム・テウンの姿が公開された。
f0158064_16195680.jpg
地元の薬草料理店オーナーはオム・ジョンファの小学校同級生で、卒業アルバムを持ってきて、オム・テウンは美しいルックスのオム・ジョンファをすぐに見つけた。


オム・ジョンファ、有名人との親交は?

世界的歌手Lenny Kravitz!↓

f0158064_04415979.jpg
「D.I.S.C.O」という曲で若い時のBIGBANGのT.O.Pと共演していて、プライベートでも親交がある↓
f0158064_04415965.jpg

チョン・ジェヒョンとは仲が良く、一緒にオーストラリア旅行を楽しむ。↓
f0158064_17002466.jpg
オム・ジョンファはチョン・ジェヒョンを「あなた」と呼んで、夫婦のようだと笑いを誘った。



イケメンインテリアデザイナーのヤン・テオ氏と仲良し写真が話題に。↓
f0158064_17170018.jpg
ヤン氏は女優チョン・ジヒョンの新居をデザインし話題を集めた人物。
ルックス、財力を備えた“イケメンデザイナー”として有名になっている。

オム・ジョンファは「ボーイフレンドは何人かいたが、結婚まで進むことはなかった。結婚については焦っていない」とのこと。

今ではハワイでサーフィンに夢中↓
f0158064_17395688.jpg

愛犬との一枚。表情がシンクロしていて話題に!
f0158064_03275602.jpg
愛犬は飼い主に似てくるようです

オム・ジョンファ、48歳のバースデー!

まだまだ青春謳歌中写真のオム・ジョンファは、知人らと一緒にある飲食店で幸せを満喫した。“ハッピーラブバースデーオム・ジョンファ(UJH)”という風船が張り巡らされていて、オム・ジョンファは王冠までかぶっている。
f0158064_02245915.jpg

48歳には見えない眩しい美貌が際立って見える。
オム・ジョンファが出演しているドラマ『あなたはひどいです』の撮影が終わった後で誕生日パーティーを開催した。
f0158064_17070605.jpg

1993年から今まで入院を除いて、休まずに走ってきたオム・ジョンファは依然として「恋愛よりやはり仕事の方が好きだ」と言う。女優と歌は小さい頃から夢見てきたのでと明かした。

「幸いなことに失敗せず、さらに自信をつけることができました」と語り、自分自身について“大器晩成型人間”と表現した。
メンタリティも外見も、昔から変わらず、バイタリティにあふれるオム・ジョンファ。
かっこいい女性の生きる道を体現している。


[PR]

by seikeinida | 2017-10-14 09:30

三度目の結婚 ベテラン女優イ・イルファ

懸賞 2017年 08月 24日 懸賞

イ・イルファは1971年1月29日生まれ
釜山ドンジュ女性商業高校卒業。
1991年SBS 2期公開採用タレントでデビューした。
f0158064_01272104.jpg
ドラマ「ひとつ屋根の3家族」、「風の息子」などで人気を博し、最近ではSBSドラマ「マイダス」に出演した。

新人として注目を浴び真っ最中うまく行っ中、1996年15歳年上の歌手ガンインウォンと結婚したが、1年後に性格の違いで離婚。

2000年、音楽業界の従事者出身年下の男と再婚して、オーストラリアに行くもまた離婚し、帰国して芸能界に復帰する。

しばらく後、2011年に知人の紹介で1年間交際した年上の大学教授と三度目の結婚をした。

 

新人時代イ・ビョンホンと一緒に風の息子に出演して、様々なショープロMCも活躍するなど、活発な活動をして期待の主に注目されたが、あまりにも早い時期に結婚と離婚を繰り返したおかげで、女優としての黄金期を享受しないまま、主に人妻系の配役に多く出ることになった。

当時のさわやかな美貌は、かなりの話題になった。当時はそのような西欧的な顔と体格は珍しいなかった。
f0158064_05181332.jpg
復帰後の代表作としては、野人時代、 応答せよシリーズのヒロイン母役など。意外に演技のスペクトラムが広く、応答せよシリーズでは、正の多くの母親の役割をしたり、おばさんをしたり、エレガントな金持ちの奥様の役割をしたりもした。

女優の全盛期と呼ばれる20代の頃には、不足している演技力で高い評価を受けていなかったが、、中年に入る時期に演技力が開花したケース。
f0158064_05101385.jpg


2012年 「チャンネルAの一幕物」「神々の晩餐」「TV小説愛よ愛よ」「応答せよ1997」「私の娘ソヨンが」

2013年 「ヤワン」「ブス注意報」「応答せよ1994」「 星から来たあなた」

2014年 「程前」「式シャルルましょう」「ドクター異邦人」「家族の秘密」
2015年 「オレンジマーマレード」「ロス:タイム:ライフ」「彼女は美しかった」「応答せよ1988」
2016年 「チョコバンク」「マスター-麺の新 」「吹きとそよ風あ」「KBSドラマスペシャル -楽しい我が家」「ロマンチックボス 」
f0158064_05100524.jpg
若いころから美人

f0158064_05101311.jpg
こんな人が空港にいたら目立つでしょうね

f0158064_05101388.jpg
二重切開手術しています
f0158064_05100444.jpg
美人!
f0158064_05100420.jpg



[PR]

by seikeinida | 2017-08-24 09:57

ソン・イェジン

懸賞 2014年 10月 22日 懸賞


ソン・イェジン so ye-jin
f0158064_4242863.jpg



韓国女優
f0158064_4282154.jpg




韓国モデル

f0158064_429696.jpg


f0158064_4292786.jpg

[PR]

by seikeinida | 2014-10-22 16:06