「ほっ」と。キャンペーン

映画女優!! ソン・イェジン 過去 作品 美しい自撮り 結婚してない理由は?ヒット保証スター3位

懸賞 2016年 12月 26日 懸賞

f0158064_03482837.jpg
職業: タレント、女優
生年月日: 1982年 1月 11日  身長/体重: 165cm, 45kg   趣味/特技: 音楽鑑賞、映画鑑賞、読書
血液型: A型 好きな動物: 犬

f0158064_03481997.jpg
ソン・イェジンは1999年にソマン化粧品CMモデルとしてデビュー。その後、「おいしいプロポーズ」、「個人の趣向」、「大望」、「夏の香り」、「恋愛時代」など多数のドラマと「ラブストーリー」、「初恋死守決起大会」、「私の頭の中の消しゴム」など多数の映画に出演し、韓国のトップ女優として活躍中。

ソン・イェジンは、女優としてデビューして以来なんと15年間一年も欠かさずに作品に出演し本業に忠実な姿を見せている。

清純美女の代名詞として成功したが、その後からは清純イメージから脱皮して傾国の美女、人妻など、さまざまな役割にも挑戦し、20代半ばに韓国映画界を代表する俳優として定着した。

映画「四月の雪」や「妻が結婚した」では大胆な濡れ場やヌードシーンを演じて話題となった

2001年 のドラマ「おいしいプロポーズ」と「ソニジニ」で新人賞受賞、2002年に 映画「恋愛小説」で新人女優賞を、2003年の映画「クラシック」で百想芸術大賞、大鐘賞映画祭で新人女優賞を獲得。映画「クラシック」は、現在も美しい恋愛映画で広く知られる。2004年、2005年に出演した映画「私の頭の中の消しゴム」、「外出」が日本で公開され歴代大韓民国映画興行記録1、2位を記録した。2006年のドラマ「恋愛時代」を使用して若い年齢にも繊細でも切ない内面演技を披露し、SBS演技大賞最優秀演技賞、百想芸術大賞最優秀演技賞を受賞するなど、演技力を大きく認められた。

主な出演映画
秘密(2000年)酔画仙(2002年)永遠の片想い(2002年)ラブストーリー(2002年)君に捧げる初恋(2003年)私の頭の中の消しゴム(2004年)四月の雪(2005年) ナンパの定石(2005年)ファム・ファタール(2007年) 妻が結婚した(2008年)白夜行 白い闇の中を歩く(2009年)恋は命がけ(2011年)ザ・タワー 超高層ビル大火災(2012年)殺人の疑惑(2013年)パイレーツ(2014年)幸せいっぱいの家(2015年)荊棘の秘密(2015年)

主な出演ドラマ
恋愛時代(2006年 SBS)スポットライト(2008年 MBC) 個人の趣向 (2010年 MBC)シークレット・ガーデン(2011年 SBS)サメ〜愛の黙示録〜(2013年 KBS)

2008年には映画「妻が結婚した」と第29回青龍映画賞主演女優賞、第4回大韓民国大学映画祭主演女優賞、第45回百想芸術大賞主演女優賞を受賞した。 2011年の映画「不気味な恋愛」を使用して、自分が出演したすべてのロマンチックコメディ映画を興行させ、ロマンチックコメディの女王」であることを立証した。

2010年 白夜行での大胆な一幕
f0158064_04180405.jpg

f0158064_03482920.jpg
2014年出演映画の中で最も多くの観客を動員した映画「パイレーツ:海に行った山積み」で、第51回大鐘賞映画祭主演女優賞を受賞した。同じ年青龍映画賞では、2013年に出演した別の映画「共犯」で主演女優賞候補に上がり、安定した作品活動をもう一度刻印させてくれた。
2016年二本の映画「秘密はない」、「徳恵翁主」が公開された。多くの後輩女優のロールモデルでもよく取り上げられている。 、様々なジャンルで毎回他のキャラクターに変化しようとする俳優として、いくつかの面を均一に整えキャラクター消化能力に優れ、羨望の対象となった。
ソン・イェジンとキム・テリが2016年を輝かせた女性映画人に選ばれた。「2016 今年の女性映画人賞」の授賞式にて。

f0158064_03482868.jpg
「2016年の女性映画人賞」授賞式は、他の年末授賞式とは異なり2012年から女優の単独司会で行われている。「荊棘の秘密」のソン・イェジンは、「殺してあげる女」のユン・ヨジョンと共に演技賞を受賞し、「お嬢さん」のキム・テリは新人演技賞を受賞した。

主催側は「ソン・イェジンは多様なジャンルで安定してフィルモグラフィーを積んでおり、『荊棘の秘密』で再び女優としての実力を証明した。突如娘が失踪し不安と混沌、絶望と怒りなど複雑な感情を込めた狂気に近い姿は、強い女性のキャラクターを誕生させ演技のキャリアを証明した」と述べた。

f0158064_13221013.jpg


美人!
f0158064_13130364.jpg

過去↓

ソン・イェジンは、孫彦眞という名前で、大邱直轄市で生まれた。1999年、高校3年生の時、知人の紹介で今の所属事務所代表に会って、広告モデルとして芸能界にデビュー。

大邱で一週間に一回、ソウルを行き来しながら、演技のレッスン受けた。 2000年 ソウル芸術大学映画科に入学し、ソウルに上京した。

学生時代のソンイェジン↓
f0158064_04034545.jpg
髪型や髪のツヤがないせいか、今と違う印象ですね。


f0158064_04034667.jpg
オーディションを通じて最初の作品から主演で始めたソン・イェジンは、デビューと同時に大きな人気を得て、特有の清純な姿を通して多くの人々に初恋のイメージに刻印された。この時期ソン・イェジンは、すぐにスターダムに上がっただけ同時に絶えない噂に悩まさもした。が、ソン・イェジンは、噂に積極的な対応せず、着実に作品活動をすることで、誠実さと演技力を認められた。
f0158064_04180353.jpg
肌も髪も艶があふれ、とても綺麗に変身!

鼻が高くなったように見えます
f0158064_04180329.jpg



女優ソン・イェジンは自身のInstagram に「映画『MISSING』、時間が経つのも忘れ没頭した映画。」という文章と共に写真を掲載した。公開された写真にはソン・イェジン、イ・ミンジョン、ソン・ユナ、オム・ジウォン、コン・ヒョジン、オ・ユナの姿がある。女神の美貌を見せつける女優たちの姿が視線を引く。
f0158064_03512485.jpg
またソン・イェジンは、映画「いま、会いにゆきます」の韓国版出演を検討しているという。
「いま、会いにゆきます」は、2003年日本で発行された作家、市川拓司ファンタジー恋愛小説だ。
1年後、雨の季節に戻ってくるという約束をしてこの世を去った妻であり母親の秋穂澪が、雨の降る日約束通り夫の巧と息子の佑司の前に現れ、そこから展開される物語を収めた胸が熱くなるファンタジーヒューマンロマンスだ。小説の出版当時、日本国内で販売部数100万部が記録された。2004年竹内結子主演で映画でも製作され多大な愛を受けた



自撮り
f0158064_03482072.jpg
綺麗すぎ!

15日に韓国で放送されたtvN「名簿公開2016」では、「私が出るとヒット!信頼の新ヒット保証スターたち」特集が公開された。
このランキングで1位に輝いたのはチョン・ドヨン。3位はソン・イェジンだった。

ソン・イェジンはデビュー初期から国民の初恋として愛されてきた。その後、ソン・イェジンは「妻が結婚した」「パイレーツ」「徳恵翁主」などの作品で、優れた演技力とヒットを保証する女優となった。

2016円8月女優ソン・イェジンが映画「徳恵翁主」の舞台挨拶の途中で、膝を10針も縫う負傷を負ったにもかかわらず、これを隠したまま観客たちに明るく笑いながらスケジュールを終えたという。

映画関係者によると、ソン・イェジンは14日「徳恵翁主」の舞台挨拶途中に、周囲に血が落ちるほど膝に大怪我をして病院を訪れたという。しかしソン・イェジンは最後まで舞台挨拶に参加し、プロらしい姿を見せたという。女優魂ありすぎ!


美しい素顔↓
f0158064_03482021.jpg
f0158064_13130297.jpg


ソンイェジン、アクション演技もこなす。
映画「海賊」で大鐘賞まで受賞に受賞し、大鐘-青龍-百想と最も普及した映画賞の3つをすべて得た。
f0158064_04034666.jpg

また2015年韓中合作映画「悪い奴は死ぬ」に出演した。
好き嫌いが分かれる映画自体とは異なり、ソン・イェジン演技一つは絶賛一色であり、演技人生で新しいポイントを見せてくれた。ソンイェジンの映画の中で評論家の絶賛を一番多く受けた作品でもある。

続いて8月には、映画「徳恵翁主」に出演。参考までに制作費が不足したため、ソン・イェジン、本人が出て、10億ウォンの投資をした作品である。
海賊以降のしばらくあった不振を一発で巻き返すヒットになる。
2016年には映画「秘密はない」と主演女優賞を受賞した。


f0158064_04180394.jpg

結婚していない理由?

ソン・イェジンは「結婚適齢期は今なのに、(女優としての)欲がある。遅くても34歳ぐらいを考えていたけれど、来年もう34になってしまう」と語った。
また「女優は、より多くの作品と出会い、たくさん演じるべきだと思う。逆に、結婚することによって新たな姿を披露するということも可能だが、今は(独身女優としての)欲の方が大きい」と説明した。

最近のインタビューでも女優として得る幸せが大きいと話しました。そして、仕事が大事だけど、家庭も大事なので、結婚を遅すぎることはしたくない。気になる彼女の理想のタイプとしては、平凡な家庭主婦が出来ないので、仕事の特性を良く理解してくれて配慮出来る人で暖かくて話がよく通じる人だと伝えました。

2013年には俳優キム・ナムギルとの熱愛報道が出るも「事実無根」とのこと。

ちなみに2007年、インタビューで同性愛映画に出演してみたいと言って、そのような傾向があるようなのかという質問に対してそのような傾向があるようだと述べている。
f0158064_04245242.jpg
学生時代のソンイェジン
f0158064_04034690.jpg
化粧でかなり変わる顔↓
f0158064_04245251.jpg
化粧映えする人ですね


[PR]

by seikeinida | 2016-12-26 10:06 | 韓流  美人女優   整形

<< 元ジュエリーのイ・ジヒョン 結...   生きるバービー人形 ハン・チェ... >>